フリーランスのやる気

フリーランスはやる気をもって仕事に取り組めば、成長の度合いが高いです。

会社の場合は社内向けの作業や人間関係などに割く時間が割と多いうえに、全体の一部の工程を繰り返す場合が多いので、個人でのスキルアップというのが図りにくいでしょう。最終的に何を目指すかは人それぞれですが、市場で需要のあることができた方がお得でしょう。
フリーランスの場合は市場の需要を自分で見て、自分がそのスキルを身に付ける方向で動くので、かなり有効です。

会社の場合は、会社全体としては市場の需要に向かって動くのですが、その中の個人が担う作業というのはそれとは関係ない場合が多いということです。
なのでフリーランスの方がお得でしょう。基本的に同じ度合いで頑張ればフリーランスの方が方向性の選定や、無駄な作業がないということで、市場に需要のあるスキルを身に付けるということが可能になります。



転職でスキルアップというようなことをすると会社にも迷惑なので、個人でやった方が良いでしょう。

転職するというのはたしかに個人の自由なのですが、人を雇ったりするには企業もお金が掛かっているので、あまり望ましくないでしょう。



また、だからといって会社にいるというのは、良いのですが会社でのスキルアップのみになる可能性があります。



よく歯車と言われますが、全体で回っているので、歯車の一部としてのスキルというのが個人で役立つとは限らないということで、これがデメリットです。