フリーランスの需要とは

今の社会は多様化しているので、需要を作り出すというスタイルも多いです。

市場自体は飽和しているので、なかなか収益化するのが難しいということがあります。

ただサービスを売り出すこと自体はネットがあるので昔と比較すると圧倒的に有利でしょう。


なので、会社という組織でなくても個人がフリーランスでサービスを売り出すことが可能です。



また、作業を分担するにもフリーランスが集まるということも可能なので、会社という集まりは今後はよりなくなっていくでしょう。



社会構造が流動化していくと、会社という組織は身動きがとりにくいということがあります。

期間によって明らかに必要な人員というのは違い、そもそも従業員が多すぎて費用が無駄にかかるというシチュエーションもあります。

逆に人が足りないという場合もあるでしょう。


そうすると儲けが少なくなるので、必要なときに必要な人員がいるというのが良いでしょう。



フリーランスであればネット上で人を集めるということも容易で、また自分だけでやるということも可能です。

とにかく流動的に動きやすいということが最大のメリットでしょう。会社というのは昔は唯一の道に近く、また会社を大きくするというのが成功というイメージがありましたが、最近はそうでもないということです。会社を大きくするデメリットがあまりにも大きいので、ケースバイケースです。


価値観が多様化していて変化も激しいので、一個のものにコストを割きすぎるとデメリットもあります。